ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

日本にヒップホップが馴染まないわけない

日本にヒップホップが馴染まないのではない、ただ知名度がないだけ。聴き慣れてないだけ。

今回の話は為末大さんのツイート見た前提てかいたよ。

何でも最初は模倣であろう。
仮面ライダーに憧れた人も、ドラゴンボールの絵にあこがれた人も、あこがれを持った人はその人と近い物になりたくて真似をする。ヒップホップだって例外ではない。

そしてだんだんと自分らしさも求めるようになる。それは真似であって憧れの存在以上のものにはなれないからだ。
そこからその人らしさ、ここでいう日本らしいヒップホップをつくれるようになるのではないか。
そりゃあ最初は真似であってそれなら本家を聞いたほうがいいとなるのもわかるがヒップホップだって長い時間をかけて発展してきたのだ。

それを知らない人が以前のイメージのみで語ろうとするからこういう話になってしまうのではないか。僕もヒップホップというとダサい、よーよー言ってる人が集まってるイメージだった。
でも一度聴いてみるとヒップホップは日本語に相性がいいことか分かる。語呂がいいというかリズムにうまく言葉がおさまるというか。


これってヒップホップが日本に馴染まないのではなくヒップホップという音楽自体がメジャーではないという話だ。確かにメジャーではない。
でも日本らしいヒップホップは存在する。そこを無視してもしくは知らないで語ろうとするとおかしなことになると思った。
モヤモヤしてたのでかいてみたよ。

じゃあ日本に馴染むヒップホップは何だと聞かれるとdjみそしるとmcごはんとか?
考えてみたら今日本食といわれるほど馴染みまくってるすき焼きだって昔日本に入ってきたものだし、うまく日本は日本らしくアレンジして取り込んできたのにさヒップホップだけそんなこと言われたらむかむかするよね。

そもそも馴染むってなんだろうね、表現は自由なものだよ。日本っぽいのもあれば海外てきなものもあればでいいじゃん。結局目的というかどこを目指しているか違いとおもう。
ONE OK ROCKだって海外を意識した音楽って聴けばわかるし。マキシマムザホルモンだってこれ海外のあのバンドじゃんみたいなこと言う人もいればこれだからいいんだよっていう人もいるし。
結局馴染む馴染まないって日本人かどうかというより好み、そして今まで聞いてきたものが重要だよ。ヒップホップが馴染まないって言うならそれはメジャーではないからみんな聴いてないからってことで説明つくし

うんこれですっきり

ではおしまい。