ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

踏切のおっさん

今日は朝っぱらからチャリに乗って走っていました。

土曜日なので人も少なく気分よくすいすい走れる。東京は人が多いので人がいない時間帯は貴重だ。なんとなく気楽に走れる。



途中踏切で止まった時おっさんがいた。おっさんは警備員のような服を着て帽子をかぶり、小学生の通学時にptaの人が振ってるような旗を持っていた。

おっさんは踏切が閉じている間踏切と平行に旗をあげていた。

f:id:tenebi23:20141004215554j:plain

…。



いやいやいやなんのためだ!?
こいつはなんのためにいるんだ!?

人も全然いない、朝、理由が思いつかない。


人が入らないようにと旗を持っているのか。

まだ踏切が動いてないとかならわかる。

でもめっちゃ踏切仕事してる。カーンカーンいってる。



電車が通り過ぎ、踏切が開くと同時におっさんは旗をおろし横にずれた。

僕は普通に走り出し少しして振り返った。彼はまた閉じた踏切の向こう側で旗をあげていた。

世の中いろんな仕事があるんだーと思った。と同時に軽く闇を見た気がした。