ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

ネットが僕から奪ったものとくれた物。ぼっちに優しい世界



ネットが僕から奪ったもの

それは時間。一つのコンテンツをみる時間は微々たるもの。しかしそれが沢山積み重なっていつものように毎日何時間も費やしてしまっていた。

最近「ネットバカ」っていう本を読んでいる。
ネットというとコンテンツの方に目が行きがちだがネットと言うもの自体が人に与える影響は多いという。そして僕もかなり影響を受けていることがわかった。

そういう意味でボクはネットは害だ。と勉強できない理由にしてしばらくやめた。


ネットがボクにくれた物。

と離れてみたはいいものの、最初は好調だったがしかしネットで埋めていた時間がテレビやゲームに代わっただけだった。結局失敗だった。
そして精神的にも辛くなった。孤独感を強く感じるようになる。
テレビを見ても一人でゲームをしてもそれは埋まらなかった。テレビは逆に蚊帳の外感が辛かった。


ネットが僕にくれたものはゆるいつながりである。
それはリアルの友人関係なんかと比べたら浅い、虚構みたいな関係だ。しかし自分が発した文字に反応が帰ってくる。それだけでよかったのだ。
家族との関係が冷え切ってるボクにとってそれは大切なコミュニケーションだった。

人は社会的動物というがここまで孤独が辛いとは思わなかったなあ、ブログ初めて良かったなあとおもったわけである。ちゃんちゃん。