ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

人のことをとやかく言いたいとき気をつけたい自分への視点

 
 
 
こうネットを見ていると明らかにおかしい奴とか
こっちをけなしてくる文章とかそんなものに出会うことがあるけど
で、そういう奴っていうのは大半は叩かれてしまう。

人がネットで叩く理由はひとつにはその人に悪いところがあるっていうのも
もちろんあると思うのだけれど
叩くことで自分は正義の立場にいる、正しいという安心感を得たいからというのもあると思う。
 
正しい自分は悪い相手に対して何してもいいんだと日常の鬱憤も含めて吐き出す。
そんな人も少なからずいるだろう。

そこで気をつけたいのは自分への視点だ。
自分はどうなのか。それをいう資格はあるか。そもそも例えば炎上案件に自分は関係があるか。野次馬的に何か言おうとしてないか。
ネットって匿名で色々出来てしまう。
それはもちろんいい面ももってるだろう。ボクも実名でネットは出来ない。
しかし自分の経歴、顔等見えない状況では自分が何にでもなれるしなんでもしていい気にさせる。
 
少し立ち止まって自分が本当にそれをいう資格があるか考える必要があると思う。
 
 
 
 
 
影響された本
おもしろかった
何者

何者