ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

自分で自分を褒められるのはすごい

 

 

自分で自分を褒めるって

以前はなんだか僕から見れば自画自賛って感じもするし

自信家って言う風に見えてネガティブに感じていたけど、

褒める行為を他者に任せるよりもよっぽど良いなと思うようになった。

 

 

なぜなら僕のように褒められるということが少ない家庭だと

やはり正当な評価を得られない、そして自己肯定感は感じにくくなってしまう。

だからこそ自分で褒めて自信を貯めていく必要がある。

また褒められる環境にいたとしても、

それは他者の評価基準によって与えられるものであって

その評価基準に自分を押し込めてしまうことにもなる。

 

 

例え他人から見れば小さい進歩であっても

僕にとっては大きな進歩であるならば

僕はそれに対して自分を褒めたい。

他者からすごいと言われようがなかろうが

自分が納得できるように行動して成長していきたい。