ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

ブログでお金の話をすることについて

 

 

僕はお金が好きで昔は通帳の預金額をよく眺めていた。

貯金の財源は祖母や祖父からのお小遣いからで、

貰うときはこっそりもらったものだった

お金の話は下世話。

未だに母親の収入も知らず、大学の学費が半額になるかどうか心配だ。

現実でも下世話と憚れるもの。ネットでも同じらしい。

僕はブログでこそお金の話をしてもいいじゃないかと思う。

別にブログだけと言わず、twitterでもいいけど。

ネットっていうのはどこかの誰かになれる場所で、

現実では言えないことも気軽に言える場所であってほしいし、

そのほうが面白いじゃないか。

 

アフィリエイトについて悪く言う人がいるけれど

何で嫌な印象があるのか聞きたい。

僕が思いつくのは以前のはちま起稿のような扇情的なタイトルと

内容は2chのコピペでそれでお金を稼いでいるということに2chの人がクソアフィと言い始めてからの印象があるからとか、

あとはペラサイトというのか検索の上位に表示される何ら役に立たないサイトに対してストレスをうけたからとか、そんなところ。

楽に稼いでいるということを悪視している印象を受ける。

(まあアフィであれなんであれ稼ぐというところまで行くこと自体そこまで楽ではないだろうけど)

ネットでは社畜とかブラックとかいう言葉が冗談でもなんでもよく見るのに、のにというかだからこそ仕事というのは、

お金を稼ぐというのは大変でなければいけないという意識が少なからずあるのだろうか。