ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

不幸に浸っていたい。


最近本屋で立ち読みをする。
いや、あくまでパラ見で(パラと打ったら変換候補にパラミロンという謎の単語が)
ちゃんと買う時もあるし買わない時もある。
でその中にお悩み相談室をしている人の本があった。
ずーっと悩みを聴き続けて、わかったことを書いているのだけど、
その中に人は幸せになりたいと言いつつ、その言葉とは逆に悩んでいる今の状況から抜け出そうとしないっていう話があった。

あるあるだ。僕は落ち込みがちだが、傷つくのはわかっているのに自分から落ち込む情報にアクセスして案の定落ちこむって場合は多々ある。
ネットを見ているとそれに当てはまる人って僕の印象ではかなり多い。
中には悩みがあることがアイデンティティになっているように見える人もいる。
思ったのは悩んでいる情報とは目につきやすいということ。
例えば今赤いものを見ようと意識をするとぱっと赤い色のカバーの本だったり、ゲーム、服と目に飛び込んでくる。
それ同じように気にしている特徴を持つ人やものには自然と視界に入ってしまうのでは。

あとは悩んでて辛いとは言いつつ、それが解消した後の環境が怖かったりするのだろうか。
僕は友達が少なくて、以前は一応それなりにいたのだけど、そのせいかいないことを気にしつつも、友達になってもいずれ会わなくなるんじゃないかとか色々考えてしまう。

環境が変わることはそれが自分が欲していたことでもそれを失うかもしれないという恐れなんかもあって、それなら今ここで悩んだまま、変われるかもという希望を時々感じつつうだうだしてしまうものなのかもしれない。

僕はどうなんだろう。とりあえずバイト受かったので、お金をためて免許とりたい。そしてバイクを買う。