ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

引きこもり日記

 

今日は大学に行かずに引きこもっていました。

1日というのはあっという間で、この1日が何日も合わさって1ヶ月になったり、1年になったりするわけで、1日があっという間→1年もあっという間となります。

大学生活も4年で終わらせられたとすると、8分の1はすでに終わっていて、単位で言えば6分の1は終わったことになります。1年があっという間なら、残り3年半もきっとあっという間でしょう。

そして4年というのは僕の高校生活と浪人の期間を合わせた時間より短く、そんなことからも短さは感じられます。

 

しかし、卒業が2019年と言われると、すごい先な気がします。

その次の年は2020年、あの東京オリンピックが始まります。

僕も25歳になっているわけで、なんだか現実味がわきません。

昔僕が小学生だった頃、完全に地デジに移行するのが高校生になった時だという話を聞いて、果てしなく先だなあと思ったものです。それと似ています。

高校生はとても大人な気がしていた自分はもう大学生で精神年齢は昔と同じ子供のまま。

辛いことから逃げ出して、ずっとくすぶっている。

くすぶっているという表現はどこか本気を出せば爆発的な何かを生み出せるという気持ちがどこかに残っているのかもしれません。

でもそんなことなくて、きっとくすぶっているという気持ちを捨てきれないままお家でオリンピックを見るとはなしに何となく見ているんじゃないでしょうか。

見れる環境なら良い方かとも思います。

 

思ってもないことを書きました。終わります。