ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

ブログの価値感は変わり、はてなも人も変わる

このブログの説明
更新が終了したり始まったりするぼんやりまったりほんわかブログです。

一年以上前の自分のブログ記事を見てたら感慨深くて泣けてきた。やめるつもりだったのに。

ということで来年のために仕込んでおこう。


さて、話は変わって、ブログの価値は何で決まるんでしょうか。

最近僕は勉強ができないという本を読みました。
モテる主人公が、勉強しか取り柄のない男に向かって、でも結局もてないんでしょ?というような趣旨の言葉を言い放つんです。
勉強しか能のない男は唖然として傷つくのですが、読んでる僕も同じように傷つきました。

僕はブログに関して、自分のためだけにでも書く価値があるというようなことを書いたことがあります。
でも、アクセス報告なんかを見ると羨ましくなるし、お金を稼いでるなんてことを見てしまったらおぎゃあああと嫉妬心と僕も何かしなければという気持ちに駆られます。
結局あなたはpvも少ない底辺ブロガーで、稼げないんでしょ?と言われているように感じるのです。

中学生の頃やっていたオンラインゲームでは、ブログが盛んで何人もの人が工夫をこらし記事を更新していました。
一番人気のある人は毎日数万のアクセスがあり、今のまとめブログのようにコメントがたくさんついていました。
しかし、あくまで個人の趣味として毎日のように更新していたようです。
当時、ウェブでお金を稼いでると言えば、そのオンラインゲームで、武器を売ってリアルマネーに交換するんだ!とかいう話くらいでした。
もう10年位前ですね。


今ではAdSenseもかなり知られていて、大体のブログに広告が貼られています。僕のブログにもです。

はてなだからか知りませんが、稼ぎたいという意識の人は多くみうけられます。

考え方も変わっていくんでしょう。
評価される価値観に乗れないから嫌な気持ちになるのかもしれません。
価値観に乗れない俺かっけーともいえちゃうかもしれませんね。

はてな互助会というのはまだあるんですか。
もう叩くこともなく、浸透している気がします。それだけの流れになってたと思います。
僕がネットでもコミュ障で人間不信だからかわかりませんが、はてなブックマークでほめあったり、無言で毎回ブクマをつけられたりするのを見ると、でも、結局はアクセスとお金が欲しいんでしょ?と思ってしまいました。

承認欲求とアクセスでウィンウィンの関係でとても素晴らしいです。アメブロだとよくコメントで見られるスパムにはない"人間らしさ"を感じることができます。


僕はこのブログを一年分の思い出が詰まった大切なブログだ!!と考えつつ、内心AdSenseで1000円も稼げなかった惨めなゴミブログとも考えるようになってしまいました。

僕はこのブログを活かすことができませんでした。

みんなは稼いでください。それでは。



・関係ない

ブログを書いて、更新直後は自己満に浸れるのに、段々と死にたくなってくるのはなぜなんだろう。
承認されないと不安っていうのは弱いなあ。