ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

頭がいいフリをします

 

頭良くなりたい。

自分の「なりたい」には、至るまでの過程は経験したくないという意味が含まれている。

そして、本当になりたいのか疑問だ。

なった後の周りの反応が欲しいだけだ。

評価されたい。これが本音だ。「頭良く」は別になんでもいい。

僕が自意識過剰なのも他人の評価を絶対視しているからだ。

そして仮に頭が良くなっても評価されるとは限らないし、評価されるのではと期待してしまう自分は非常に頭が悪く、気持ちが悪い。

はあ辛い。

辛いという気持ちがプライドのように自分についてまわるようになってしまった。

僕はネガティブです、不幸ですと頑なになるにつれ、なぜだかそれが価値あるものだと考えたくなってくるのだ。

自分をまもるために、多数の評価される明るい人とは違うマイノリティ、希少性を必死に崇めている。

需要もないのに希少性があったってしょうがないのだけれど。