ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

図書館とヒトカラ

 

 

今日はヒトカラを行くつもりで外を出たのだが、お店の前にたむろする人を見て素通りしてしまった。その後立ち読みなどをしてまたお店の前を素通りした後、軽く悲しくなって電車に乗った。お店に入るのが苦手だ。コンビニとかは流石に入れる。マックとかも少し緊張する。人の評価には、相手がどうか思っているか関係なく、すごい気になる。それが強く出ると挙動不審になる。最近はあんまり気にならないが、集団が多い中に一人で入っていくのは怖いな。友だちがいた時は一緒だと全く気にならなかった。青信号、みんなで渡ると怖くないという言葉もあるが、そんな感じだろう。電車に乗って図書館へ行く。その前に公園でコンビニで買ったパンを食べる。公園にはサラリーマンや少し汚い身なりのおじさんがベンチに座っている。ヒトカラもそうだが入る、座るまでが一番勇気がいるんじゃないか。図書館では小松菜奈が表紙のダヴィンチを読んだ。表紙もいいけど、中の写真が好きだ。本を読む。途中閲覧席でスマホのシャッター音が何度も聞こえる。こういう図太さを持っていたらお店に入れないと悩むこともないのだろう。外を出るとすごく寒かった。凍えた。この休みにいろいろな図書館に行くってのもありだなと思う。今週は4つくらい図書館に行った。毎日違う図書館、贅沢だ。それぞれに特色があって面白い。他にも区によって図書カードも結構違うのだ。後思ったのは別に遠くに行くまでもなく知らない街は広がっていて、気軽に新鮮な気持ちになれる。一人でお店入る能力を持てればもっと楽しくなれる気がするので修行する。