ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

ぼっちでもそれなりに生きれるのゆくゆくは辛い問題

ぼっちでもそれなりに生きられてしまうことが逆に辛いのではないかと思った。大学ではぼっちで講義を受けるが単位は取れるし、取れないのはレポートを出さなかったり勉強しなかったりとそれなりの理由があって自分で調整可能な範囲でありよく言われる過去問だとか負担はあれそこまで必要と思えない。大学以外の娯楽であってもYoutubeを見たり、テレビを見たりゲームをしたり、マンガを読んだりいろいろとなんだかんだ楽しめている。そんな自分に惨めになり、精神的に辛くなる時もあるけど、それも一時寝て起きたらその時の感情も忘れてしまう。しかし、これも後々を考えていくとかなり辛いことになっていくのではないか。ぼっちでいるとコミュニケーションが取れない。普通のサークルに所属してバイトに行って〜という大学生と比べて圧倒的に不足していると思われる。世の中多分人とのつながりの中で金銭を頂いているようなのでコミュニケーション不良のぼっちはかなり不利だ。しかしながら単位を取得でき、日常をそれなりに楽しめている現状では人との接触がないことに対して危機感を抱けない。ぬるま湯につかっているうちにじわじわと死にかけている蛙だ。どないしよ〜。