ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

強気

 

本日、大きな出来事があったのでかく。

 

はじめてのじこ

 

初めて事故にあって警察がきた。事故なの?って感じだが。

ゴミ箱を数回蹴るほど家を出る前強いストレスを感じていたのでこの災難続きにはかなり参った。

相手が強気で自分に自信あるなあと思った。キレる老人?テンプレ押し付けんのもどうかとは思う。

 

図書館に向かう道中、自転車で左折したところ出会い頭に自転車がいておもいっきりブレーキをする。相手も急ブレーキするがバランスを崩し、倒れた。さすがにびびって自転車をおこすのを手伝う。これで終わりかなと思いきや、相手はこっちがぶつかったと思ったらしく、僕に対してちゃんと曲がるときは一時停止しないとと繰り返し言う。相手は右折側、右側走行で、一時停止はどちらかというとそっちがやるべきだがそこは全く耳をかさない。警察に行こうと言うのでまじかよと思いつつ従う。道中このまま脇道に曲がって逃げたらどうなるかなあと思いながら向かった。

 

警察官にお互い自分の言い分を主張する。

アドレナリンを軽く感じたが思った以上に冷静に自分の見たことを言えたと思う。

 

警察官がたくさんわらわら現れた。

高圧的な人、フレンドリーな人色々いた。

一瞬の出来事なので自分の言い分って詳しく思い出せない。

事故と言ってもこちらになんの痛みも衝撃もないので自信がなくなってくる。

現実でも、ネット上でもなんかしらでぶつかったことが何回かあるが、認識の誤差は確実にあってそのあたりを考えすぎてしまう。そういう時もっと強気に行くべきだろうか。最初は強気なんだけど段々と弱気になってくる。

相手は警察官にあなたが一時停止しないといけないですよと言われてもやはり頑なだった。

結果的に自転車にぶつかった後も見つからず、相手は怪我していなかったので僕が謝ってそのまま現地解散となった。僕が悪いのかなあ。

これで怪我していたら僕はなんか弁償しなければいけなかったのだろうか。

そこだけ運が良かったけど怖い。

 

今回も軽く弱気になって煮え切らない部分はあるが、まあ言えたほうかなあと思う。

疑問があったとしても言わないと、後々ふつふつと湧いてくるので怖い。

相手に認識のズレを叩きつけてやっても意味ないんだけどね。気持ちは良いしすっきりするけど変わらないし、相手は右折で一時停止することはこれからもないんでしょう。僕はあの道は通らなくなりそうです。