ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

鬱と認識

 
 

最近息苦しくて呼吸が浅いのかな空気も薄い。

勉強は続いていない。振り返ってみると、
○○○○○○○×△××
こんな感じ。右がわ顔みたい。精神的にこの顔と同じ状態だ。一回できないとなんかしんどくなるな。大学も始まるしさ〜嫌だ〜。
 
なんで生きてるかわかんなくなってくる。
うつになりそうな気がする。しかし家さえ落ち着かない。引きこもりたくないから避けたい。
 
以前読んだ本で、鬱に対する認識は国ごとに様々で日本のうつに対する認識を変えるためにアメリカの製薬会社が様々なキャンペーンをしたという話があった。
このキャンペーンに限らず、日本の精神的な病への認識は時が経つにつれ変わっていっている。
 
ある事象に対する認識は一定ではないし、その認識が合理的かどうかはわからない。
製薬会社のキャンペーンも、薬を買ってもらえるような、気軽に精神科に相談できるようなうつの認識へと導いているだけでそれが全員に良いものかはわからない。
 
自分自身の必要以上に落ち込む原因も不合理な認識の積み重ねから起こっているのではないかと思う。合理とか不合理とか書いたけど、なんというか不合理でもある程度自分に生きやすい認識を持つというか。それが必要に思う。