ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

stickKに登録して勉強を頑張る決意を書いた

 

・最近の出来事

ダークソウル3を買ってクリア直前で冷めて売る。

wiiUを売る。3万くらいになった!

マンガを読み返す、ジョジョリオン放浪息子、etc・・・どれも面白い、しかしもう読むものがない。

今年度初めて講義サボる、来週も1回サボる予定

 

・ぜんぜん出来事が起こらない。

何故かを気づいてしまったのだが、自分の生活に直接関わる人間がほとんどいないためである。そしてこれも発見だが、マンガは一人の登場人物だけでは話が進まない。それと一緒なのだ。一人の登場人物は様々な活動を通して人と出会い話が進展していく。僕は部屋の中を動くので人に遭遇しない。出来事起こらない。残念。

 

本題

stickKに登録した。これは以前やった1日決まった時間、勉強しないとイケハヤの著作物に5000円払うというシステムをやってくれるサイトである。僕一人だけでは支払う強制力がないため、イケハヤ5000円の決まりは6日で頓挫したのだが、結局支払うことを放棄した。その後勉強はやったりが1割でやらなかったりが9割であり、つまり勉強できてない。

もうすぐtoeicもあるので勉強を始めたい。stickKでは週ごとに「コミットメント契約」なるものを決めて、この契約が破られた場合あらかじめ決めた金額をこちらも決めた機関に寄付される。僕は週40時間勉強できなかったら50ドル、よくわからない、多分イギリスの共産主義政党に寄付される。

この契約では寄付先は嫌なものであることが重要なのだが、英語のサイトのため寄付先はイギリスもしくはアメリカの機関しか用意されていないのでいまいちピンとこない。うまくいくかな。でもお金を支払うことはかなりストレスではあるのでやってみる。

 

stickK