ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

現実を知る

 

中々勉強ができず落ち込む。2時間位。

原因、勉強への抵抗感、やるという考えに至らない、長時間の夕寝、先行き不安

対策、抵抗を極限まで減らす(一分でもいいからやる)、ながら、午前から勉強の姿勢整える、散歩

 

それを必死に落ち着かせようとしている。

出来ないってことが辛い。

人は才能主義と努力主義かどちらかに分かれる。言葉が正確ではないかもだけど雰囲気はそんな。

才能主義的な人は自分が出来るかどうかは元々持っている才能だと考える。

努力主義的な人は能力を伸ばせると考えて、努力が大事だと考える。

これって生活や親の褒め方によっても変わるのだけど、

僕はどちらかというと昔から普通の人とは違うと考えるところがあり、出来て当然っていう生意気な感じだった。もちろん出来ないことはそれ以上にあったけど。

才能主義的な考えはできているうちは良いのだけど、出来なくなった途端「出来ない=才能がない」という図式が成り立ちなかなか踏ん張ることが出来ないことが多い。

僕は負けず嫌いとかでも全然ないので出来ないと終わりという感じ。今までなんとかやってこれたのは社会的空気を読んでこれたからだと思う。真面目系クズって感じだ。

 

思い返してみると、努力で報われたという経験が少ない。

水泳が苦手すぎて頑張っても、クロール25mやっと泳げるくらいで、平泳ぎは結局することが出来なかった。

中学の時は運動系の部活をやっていたが身体の成長が遅くて(2次成長は高校の時)130cmくらいしかなかったから全然うまくいかなかった。辛いのにうまくならないし毎日あって、部活が原因で学校行くのやめたし散々だった。

大学受験もよくわからん。志望するとこは入れたけど、全然こんなもんなの?という感じである(※駅弁)。がんばれた感じはしない。

頑張ってここまでこれましたという人に憧れる。でも頑張るのは辛い。楽しくない。うーん。

超えられる目標を越えていくのが良いのかな。ハードルが厳しいのかもしれない。でも試験まで残り少ないのである程度のストレスは致し方ないとこある。つら

 

劣等感が体にまとわりついている。ずーっと。人は変われると考えるしかない。うまくいかないことばっかではないのだから。

夏休みはこれからなので、勉強にフォーカスあてて他は気にせずやれるとこからやる。報告もやめずにやる。