ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

一日を振り返って割りと死にたくなった

 

今日は引きこもりをしていた。引きこもりは家から出られない人が定義になるのか。だとしたら厳密には違うのかもしれない。

しかし、基本的に用事がなければ家を出ることは絶対にないし、めんどいので引きこもりとする。

 

勉強はしていない。参考書開いた程度。最近は似たような一日を繰り返しているのでいかに列挙する。

 

起きる→トイレ→ご飯→鬼トレや瞑想→ネット→ご飯→ネット→家事→ネット→ご飯とテレビ→ネット→就寝→起きる→以下繰り返し

 

ネットしかしていない

ネットの内訳は以下

feedlyの巡回 八割まとめとはてブの人気エントリ、2割ブログ

ニコニコやyoutubeのお気に入り巡回

YouTuberや実況が主

ツイッターはてなブログ

これもフォローを眺める

ゲーム

LOLを少々、時間的には少ない

 

これらをやっていると夜になる。

途中読むものなくなって手持ち無沙汰になりそうになるが、ゲームや動画で凌ぐ戦略。

 

これをやりきって夜になると虚しさで死にたくなる。しかしこうも思う。十分楽しいではないかと。

技術は進歩し、過去どんなに金持ちでも経験できなかったことを体験することができている。そこまでお金を必要とせず、新しく刺激的な快楽を享受できるのになぜ死ぬ必要があるのか。

他者から憐れまれるような生活と半ば考えていたが、それは自身の脳内で無意識のうちに作り出された幻想であり、他者もまた自分の人生を謳歌することで手一杯である。そこに僕という存在の入り込む余地はない。そして憐れむもしくは嘲笑する余裕がある者は自身の人生を目一杯楽しんでいないといえるのではないか。そのような人物の評価など不要!0コンマ1秒で立ち直りまたネットの世界に没頭することが可能となった。

しかしながらネットでは他者を一方的にコンテンツ化させる横暴が散見され、また自分自身も多少なりともそれを見て楽しんでしまっている。「深淵を〜」という言葉が浮かぶ。答えはまだ出ない。

 

適当に勢いだけで文章を生産し、どこかに安置されたはてなサーバーの容量を圧迫させてしまう。この時間を勉強に使いたいものだが、恐怖心で勉強という言葉を考えただけで不安と無能感に襲われ再起不能となる。先週5日間勉強してから一週間も経ってしまった。片親のそれも毒親でもなんでもなく、働き詰めて稼いでもらったなけなしの十数万を消費してまで挑む価値ある試験だったのか。いや、正確には挑むだけの自分であったのか。必要だったのは謙虚な目標設定と着実に勉強を行える習慣づくり。今の僕には気休めに瞑想をすることくらいしか出来ない……。