ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

だるい

 

今日は若干悲しくなった。人と比較してしまうとだめね。現状からして先行きは暗く、動けない自分に多少嫌になるのはしょうがないのかな。

久しぶりに人にラインしたら、ちゃんと返ってきて安心した。かえってこなかったら悲しくなったと思う。危急の際に助けてくれる人が本当の友人だって話を聞いた。そういう関係がいないのは悲しいことだ、逆に自分は助けられるだろうか。考えてみると本当に助けたいと思えるのは弟かな。あと親も少し。もう弟とは喧嘩して随分話してないけど、それでも大切だといえるな。今や色んな関係がこじれてしまっている。

不登校になる前、結構友達がいるつもりでいた。毎日遊んでいたし、学校内で孤立したことなんてなかった。実際に学校へ行ってないときもちょくちょく声をかけてくれた人は何人かいた。彼らは信頼できる人だったのかもしれない。そういった人の声を無下にした部分は否めない。もう終わったことだけど。ふと振り返れば、こうすれば良かったということがあるのは仕方ないことか。完璧な人間なんていないし、間違えを繰り返すのも人間である。それでもなあなあで少しずつ進むのだ。人間の僕はそれなりにやってこれているのだろうか。ぼんやりしたこの先への不安と寂しさで悲しくなる。