読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

ぼっち、ひとりぐらしをする…!

 

一人暮らしが始まった。

慣れ過ごした家を出ることは最初信じられず、自分でやることを決めたくせに実感が全くわかなかった。

何だかんだ、前の家には10年も住んでいたのだ。親が死んで移ったマンションだった。

住んでいた街は好きでもあり、嫌いでもあった。

都会の端で、人がうじゃうじゃいるわけでもない落ち着いた場所。

でも、自転車を走らせればすぐに色んな街へいくことが出来た。帰りには家の近くにある200円のたこ焼きを買って帰った。

近所には林みたいなところがあって、脇を通ると春には桜が満開でとてもきれいだった。

引きこもり気味だったから、そこまで都会の楽しさを理解できているわけではないけど僕はあの街が好きだった。

そう、引きこもりがちになった原因を生み出した街でもあった。

公立の中学で不登校になってから自信もなくなり、人が怖くなった。外へ出るといつ知り合いに出くわすのかビクビクした。

中学を卒業した後も、不安感は消えなかった。

人の顔を見るのを控えたのもこの頃で、今でも人を見るのが苦手だ。

未だにあの頃の鬱屈した状況を完全には抜け切れていない。

あの街は人生の中で一番長く過ごした街。色んな感情が入り混じって、よく分からない。もうあまり戻ることもないだろうけれど、あの街で過ごした嫌なことも楽しかったことも大切にしたい。

 

一人暮らしだけでなく、大学生活も始まったわけですが、相変わらずの感じで精神的に病んだりハイになったりであれですが、何とかなりそうな気がする。

フル単とってさっそく切ってみたり、勢いでバイトに応募してみたり。

この街も毎日大学のために来ている割にはまだ馴染みがない感じがするけれど、色んな感情入り交じる街として記憶に残ってくれるでしょう!