ダムダム日記

ぼっちの孤軍奮闘ブログ

バイト

 

大学3年になっていまさら始めた。

まあ、大学1年の時もやっていたのだけどすぐぶっちしてしまったんだよな。

まだあんま大変じゃないけど、忙しくなりそう。

スキルを要求されるのかと思いきや、技量が必要なものはほとんど機械に任せられているので基本的に雑用のような難しい動作が殆ど必要ないのには驚いた。

単純で大変な労働。

 

 

思ったのだけど、世の中の大半の人間に時短は必要ないと思うんだよね。例えば意識高い本には移動には全てタクシーを使うなんて話が出てくるのだけど、それによって節約された時間を何に使うというのか。きっとスマホを見て余裕で潰しているだろう。

殆どの人間は大したことしてないのにどんどん時間を節約するように生活が便利に楽になっていってどんどん暇を持て余してしまう。日々に忙殺される中でそれでも時間が足りないという人にだけ時短の技術があればいいと思う。暇すぎると、怠惰がすぎてやらなければいけないことまでやらなくなってしまう。要は引っ越して通学が楽になった割に対して変化がない自分という存在にむかむかしているのだ。まあこれから・・・。